難しく考えないツボ刺激

●難しく考えないツボ刺激 まじめな人ほどツボの位置を正確に刺激したくなって、自分がうまく視力回復のツボを押せているのかが気になるものです。 本来は少々外れても効果のある視力回復のツボ押しですから、習うより慣れろということで日々刺激を続ける方がいいのです。 たとえば、目の周りのツボに関しては、シンプルに考えれば目を取り囲む骨の周りを刺激することです。 スタートのツボとしては、目頭で後は眼の周りを気持ちよく押して行けばいいのです。 最後はこめかみを、こちらは指でなく

目の血流アップ押圧

●目の血流アップ押圧 「血流アップ押圧」は、視力回復はもちろん、緑内障、白内障、乱視、眼精疲労、眼痛まで幅広く効果が期待出来る指圧方法です。 栃木県の回生眼科は山口康三先生による押圧方法です。 たったの3分でできる手軽さと、その押し方の簡単さの点で本当にすばらしい方法です。 ただ、押すというよりは眼球の周りの骨と眼球の間に指を入れる感じでまわりをぐるっと押して行くだけです。 また、変わっているところでは、押すことはしませんが眼鏡の表面にも指を当てる点が一般的には

頭部の冷え解消のツボがあると有効

●頭部の冷え解消のツボがあると有効 冷えと言うのは血行障害ですから、目が冷えると目の病気である緑内障、白内障、黄斑変性症、網膜剥離などの恐い病気、それ以外にも自律神経が乱れやすくなることもあります。 そのため、視力回復には頭部、つまりその中にある目の冷えをおきないようにするべきという考え方があります。 そこで、頭部の冷え解消のツボがあると有効なのですが、ツボ以外にも直接頭部につながる首を温めたり、直接目を温めたりするといいようです。 眼科にいくと眼底検査とされますが、

耳ツボで視力回復

●耳ツボで視力回復 視力回復のツボというと、眼の周りのツボを考えるのが普通です。 事実、眼の周りの骨のくぼみにあるツボは、目の疲労をとって視力回復に効果があるツボが多いです。 また、目から離れた場合も、全身の気の流れを良くして視力回復させるというツボに話がいきます。 ところが、耳にあるツボで視力回復に効果があるポイントもあるそうです。 場所は、ずばり耳たぶ付近なのですが、びっくりするような話を聞きました。 かつて、ピアスを空けた理由が漁師さんの視力アップを

指に集まる視力回復のツボ

●指に集まる視力回復のツボ 指には、漢方でいう経絡が通っています。 経絡と言うには、改めて言うと、ツボとツボを結びつける道のことでツボ治療のポイントになります。 親指には、肺経。 人差し指には、大腸経。 中指には、心包経。 薬指には、三焦経。 小指には、小腸経、心経。 このような感じの経絡があるのですが、ほとんどが視力に関わっていると言われています。 大腸、小腸といった腸の不調が、視力悪化の原因になることはほぼ分かっている事実とも言えます。

血液の流れを良くするツボで視力回復

●血液の流れを良くするツボで視力回復 体のすべての不調、疾患は血液の流れが悪くなっていることが原因とも言われます。 視力回復が必要なぐらい目が悪くなっている人は、大半が冷え性だと言われています。 冷え性というのは、血液の流れが悪くなっているとほぼ間違いないので血行を向上させるツボの刺激も視力回復にいいはずです。 もちろん、眼の周りのツボの刺激は眼の周りの血行を向上させますが、重要なのは心臓や肝臓を中心とした体全体の血液の流れです。 特に女性の冷え性にいいと言われ

視力回復のツボと花粉症対策のツボの関係

●視力回復のツボと花粉症対策のツボの関係 花粉症の人にとってはつらい花粉のシーズンですが、視力回復と同様に症状をツボで緩和することができます。 まず、眉毛の内側のツボ・攅竹(さんちく)とこめかみの太陽(太陽)です。 これは、花粉症のツボというのは、ある意味で目のしょぼしょぼ対策なのですが、視力回復のツボと同じ場所にあります。 特に、攅竹は目の悪い人なら強烈に効くツボです。 攅竹はくぼみがあるので、いわゆる取りやすいツボでもあります。 気持ちよくて押しすぎるきら

文字通りに視力回復のツボを抑える

●文字通りに視力回復のツボを抑える ツボのいうのは、場所を少々外しても効果がありますし、間違えても体に害はありません。 そのため、視力回復に逆効果ではなどと意識しないで押すのをためらうことはないようです。 まじめに考える人は、行動が起きなくなる場合が多いようですので、そういった意味では損をします。 なんでもそうですが、ある程度慣れないと能力というのは身につかないものです。 ツボの取り方も全く同じで、ある程度自分で押してみてその効果を実感してはじめて適切な押し方が

自分の症状に一番効くツボを知る

●自分の症状に一番効くツボを知る 眼の周りにあるツボを刺激するだけで眼精疲労は驚くほど緩和されます。 内側から順番に、清明、(しょうきゅう)、そして攅竹、魚腰、糸竹空と眉毛の上を3カ所、目尻の魚尾。 次に、こめかみの太陽で折り返して、承泣で終える感じで全体を網羅できます。 それぞれ、5秒ずつぐらいじんわり押して行くだけで効きます。 近くを見る仕事で眼を酷使している人は、疲れを感じる前に刺激する習慣をつけると予防にもなります。 もちろん、疲れてしまってからで

眼の周りにたくさんある効果が高いツボによる効能

●眼の周りにたくさんある効果が高いツボによる効能 眼にいい2大ツボである、清明(せいめい)、承泣(しょうきゅう)です。 清明(せいめい)は、眼に関して幅広い効き目があり、一般的な疲れ目、かすみ目、充血、また結膜炎に効果的です。 このツボは、鼻涙管のつまりに効果を発揮することから、涙の管がつまり気味でドライアイの際などに有効です。 承泣(しょうきゅう)も同様に、眼全般についての幅広く効果のあるツボで、目の充血・炎症、涙目、眼精疲労、近視、老眼などなどです。 そして、視
食べる時によく噛まない